賃貸アパートにエアコン取り付けをする際の注意点

エアコン暑い夏。扇風機だけでは眠れず、アパートの部屋に新たにエアコンをつけようと思う人もいるでしょう。しかし、賃貸物件の場合、部屋の持ち主は自分ではなく大家さんです。壁に穴を開けるエアコン工事をしてもよいのか、退去するときエアコンを取り外して壁に空いた穴はどうなるのか心配になる人もいることでしょう。また、もしエアコンを取り付けることができなかったらどうやって暑さに対処したらよいのでしょうか。事前に知識を得ておき、無用なトラブルや出費を事前に避けて快適に過ごしたいですね。このサイトでは、賃貸アパートやマンションでエアコンを新たに取り付ける場合の疑問を解消し、注意点についても説明します。

まずは大家さんに相談

アパートにエアコンをつけたいと思ったら、まず必ずすべきことは大家さんや管理会社への相談です。エアコンを設置するためには、壁に直径5~10cmの穴を開けて配管を通さなければなりませんが、賃貸物件では、室内から室外に貫通する穴を壁に開けることは原則禁止されています。大家さんに連絡をし、どの部屋のどの位置にエアコンをつけたいか伝えましょう。

取り付け費用は誰が負担するか

居住者が望んでエアコンを新たに設置する場合、通常は取り付け費用は居住者の負担です。ですが、契約内容によっては大家さんが負担してくれるケースもありますので、大家さんや管理会社に確認してみてはいかがでしょうか。

退去時に修繕が必要か聞いておく

エアコンを取り外した後の壁には、配管を通す穴やビス穴が開いています。この穴は居住者の原状回復義務に相当するのでしょうか。国土交通省が出している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参照すると、エアコン設置跡について「一般的な生活をする上で必需品となってきており、その設置によって生じたビス穴等は通常の消耗と考えられる」となっています。つまり、居住者はその原状回復義務を負わなくてよいということです。ただし、契約書上で特別な取り決めをしていればまた別ですので、取り付け前にしっかり大家さんや管理会社に確認をしておくことをおすすめします。また、そもそもエアコン設置時に大家さんに連絡して了承を得られていなければ、穴の修繕費用を要求される可能性もありますので、くれぐれも事前の相談を忘れないようにしてください。

退去時にエアコンを置いて行ってよいか

エアコンは、取り外しにも費用がかかりますし、次に住む家にすでにエアコンがついている場合など、退去時にできればそのまま置いていきたいと思う人もいるでしょう。その場合も、大家さんにその旨相談してみましょう。その物件にとってエアコン付きが売りになる場合など了承してもらえることもありますが、原状回復義務として断られる可能性もあります。次の入居者に、もともとついている設備と捉えられ、うまく作動しなかった場合など修繕を要求される可能性もあるからです。

エアコン取り付け許可が出なかった場合

大家さんに相談して、もしエアコン取り付けを許可してもらえなかった場合、どうしたらよいのでしょう。その場合、なんとか別な方法で暑さをしのぐしかありません。壁に設置するタイプのエアコンがだめなのであれば、まず窓に設置するウィンドエアコンを検討しましょう。ウィンドエアコンであれば、壁に穴を開けるなどの工事が必要ありません。ただ、ウィンドエアコンは6畳くらいまでの広さに対応しているものが多いので、もっと広い部屋だと十分に冷えない可能性があります。その場合は、スポットクーラーや涼風扇を併用するのも効果的です。また、涼感シーツや枕などのグッズを利用するなど工夫してみてはいかがでしょうか。

効率を考えてエアコン取り付け位置を

空調設備は住宅にとって必須のものとなりました。エアコンもついていて当たり前の時代とはなってきましたが、エアコン取り付けにはいろいろなポイントがあります。セオリーとも呼べることではありますが、空気の温度をコントロールすることになるため、効率のいい場所を考えるということになるでしょう。電気の使用量とも関係してきますが、効率が落ちればもちろん温度変化をもたらすまでに時間もパワーも必要となることから、必要となってくる電気代がかさみます。

もうひとつの側面として、エアコン自体が性能を高めたことによって、大型化してきていることもあげられるでしょう。場所はもともとあった場所にしたくても、エアコン取り付けの段階でカーテンレールがぶつかってしまうようなことも出てきます。いろいろと問題も出てくることがありますが、それぞれカバーできることもあるため、業者に相談してみるのがいいでしょう。

エアコン取り付けの鉄則

エアコンの取り付けを考える場合、冷房の時は水平に吹き出し、暖房は真下にするというのが効率のいい方法になります。空気の重さの問題となりますが、冷たい風は水平に吹きだせば、冷たい空気が床方向に流れていくため、部屋の温度を下げやすくなるからです。逆に暖かい空気は天井側に向かっていきます。熱の問題ではありますが、夏と冬では風向きを変えなければいけません。

一般的に天井に取り付けておけるエアコンは部屋の中心になるようにしていきます。座るところの真上になると、効率が良くても不快になってしまうでしょう。同じように考えていく必要が壁掛け型にも言えますが、効率の関係上、真下にベッドがあったりすれば、冬は温風が直撃します。とても乾燥することになるので、いやな人がいる場合には、配置を考えなければいけません。

壁掛けにする位置が外壁になってしまうのも理由があります。室外機に近いということもありますが、部屋の端っこであるというところがポイントです。効率を考えると、もっとも温度が変化しているところからスタートさせていけば、それだけの効率を与えてくれることになるでしょう。

エアコンの風は曲がるわけではない

エアコンから出る風は一直線にしか進みません。エアコン取り付けの位置に関わってくる部分ですが、曲がったりすることがないため、どこまで届かせたいかも考えていかなければいけないでしょう。スイング機能があるからといっても、45度にスイングするだけで、風が曲がって到達はしません。実際に風が到達できる距離は、長くても7m程度です。これ以上は効果が薄れてしまうことも、エアコン取り付け位置に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

直進性が強いことを念頭に置くと、エアコン取り付け位置から正面に壁があると、どうしても温度にむらが出ることになるでしょう。スイングをさせると、それだけ直進性という面での効率も落ちてくることになるため、できるだけ奥行きのある方向に向かって風が流れるようにすることがポイントになってきます

取り付けてみたら入らないことも

取り付けエアコン取り付け位置の問題としては、交換するときに元の位置につかないことも出てくるでしょう。大型化してしまっていることで、納まりが異なるからです。カーテンレールなどの場合には、調整することで納まることも考えられるでしょう。そんな時には、できるだけ近い位置に取り付けることもできます。配管の穴もそのまま利用して、化粧カバーで隠すといったこともできるようになっています。効率的なことを考えても一番適した位置を探すことが重要となってきますので、取り付け業者に相談しながら決めてみるのが重要といえるでしょう。

エアコン取り付け工事の業者選びについて

エアコンは購入すればすぐに使えるというわけではありません。それを取り付けなければいけないのです。それは自分でできることではありません。自分で取り付けようと思っても失敗したり、トラブルに発展してしまう可能性があったりするのです。そのため、業者に依頼して取り付けてもらうことになります。

これから業者に依頼してエアコンを取り付けたいならば、業者選びに注意しましょう。どの業者でも良いというわけではないのです。業者選びには十分注意しましょう。悪質な業者もいるからです。きちんとした業者に質の高い工事をしてもらうことによって、エアコンをトラブルなく使えるようになるでしょう。それではこちらでエアコン取り付け業者の選び方を教えます。

見積もりをもらう

業者はたくさん存在しているのですが、まずは気になる業者から見積もりをもらうことをおすすめします。見積もりというのはその業者に工事を依頼するとどのくらいの費用がかかるのかを教えてくれるというものです。工事費用の内訳が記載されています。こちらを確認することでどのくらいのお金がかかるのかが分かるのです。

見積り見積もりをもらったならば、できるだけ細かい料金表示となっているのか確認してください。そして、疑問点についてはどんどん質問しましょう。そうすることで後で追加費用を請求されたり、不明な費用を請求されることを防げたりするのです。見積もりの内容を比較すれば、どの業者が一番安く工事を引き受けてくれるのか分かるでしょう。ただし、費用の安さだけで決めるべきではありません。安すぎると、あとで追加費用を請求される可能性が高いです。

工事内容について

そもそもエアコン取り付け工事とはどのようなものなのでしょうか。標準的な工事内容としては、室内機と室外機の設置、配管穴あけスリーブ処理、配管接続、真空引きといったものです。さらにエアコン専用回路への接続やアース端子への接続といったものもあります。これに加えて追加工事が発生することがあるのです。

業者ごとに標準内容とされている工事内容は異なっています。たとえば配管穴あけが標準ではなくてオプションとして用意されていることもあるのです。新築の家では配管穴が設置されていないことが多いため、その工事が必要となります。それが標準内容なのに含まれているかどうか確認しましょう。含まれていない場合はオプションで工事を頼むことになります。

オプションとしては、他にも配管の交換や延長、ビスが打てない場合の専用金具、などがあります。これらは現場の状況を調べてみないと分からないことです。そのため、実際に見積もりをもらったときにはなかった追加費用が発生することもよくあります。そのことについてきちんと説明してくれる業者を利用しましょう。

保証

業者を選ぶ際には保証内容にも注意しましょう。多くの業者が工事について保証も用意してくれるはずです。保証があるならば、工事をしてもらった部分に万が一問題が起きたとしてもしっかりと対処してもらうことができるのです。無料で対応してくれるところが多いでしょう。保証内容には十分注意してください。たとえば年数を確認しておきましょう。工事をしてもらってから、何年以内の問題に対応してくれるのか確かめておくのです。

保証内容もそれぞれの業者によって異なっています。たとえば保証対象外となってしまうようなケースもあるのです。基本的には業者が取り付けを行った部分に関してのみの保証となっています。施工とは関係のない不具合については対応してくれないでしょう。また、火災や地震などの自然災害による故障や不具合にも対応してくれないです。どのような範囲まで保証してくれるのか、きちんと確かめておいてください。