効率を考えてエアコン取り付け位置を

空調設備は住宅にとって必須のものとなりました。エアコンもついていて当たり前の時代とはなってきましたが、エアコン取り付けにはいろいろなポイントがあります。セオリーとも呼べることではありますが、空気の温度をコントロールすることになるため、効率のいい場所を考えるということになるでしょう。電気の使用量とも関係してきますが、効率が落ちればもちろん温度変化をもたらすまでに時間もパワーも必要となることから、必要となってくる電気代がかさみます。

もうひとつの側面として、エアコン自体が性能を高めたことによって、大型化してきていることもあげられるでしょう。場所はもともとあった場所にしたくても、エアコン取り付けの段階でカーテンレールがぶつかってしまうようなことも出てきます。いろいろと問題も出てくることがありますが、それぞれカバーできることもあるため、業者に相談してみるのがいいでしょう。

エアコン取り付けの鉄則

エアコンの取り付けを考える場合、冷房の時は水平に吹き出し、暖房は真下にするというのが効率のいい方法になります。空気の重さの問題となりますが、冷たい風は水平に吹きだせば、冷たい空気が床方向に流れていくため、部屋の温度を下げやすくなるからです。逆に暖かい空気は天井側に向かっていきます。熱の問題ではありますが、夏と冬では風向きを変えなければいけません。

一般的に天井に取り付けておけるエアコンは部屋の中心になるようにしていきます。座るところの真上になると、効率が良くても不快になってしまうでしょう。同じように考えていく必要が壁掛け型にも言えますが、効率の関係上、真下にベッドがあったりすれば、冬は温風が直撃します。とても乾燥することになるので、いやな人がいる場合には、配置を考えなければいけません。

壁掛けにする位置が外壁になってしまうのも理由があります。室外機に近いということもありますが、部屋の端っこであるというところがポイントです。効率を考えると、もっとも温度が変化しているところからスタートさせていけば、それだけの効率を与えてくれることになるでしょう。

エアコンの風は曲がるわけではない

エアコンから出る風は一直線にしか進みません。エアコン取り付けの位置に関わってくる部分ですが、曲がったりすることがないため、どこまで届かせたいかも考えていかなければいけないでしょう。スイング機能があるからといっても、45度にスイングするだけで、風が曲がって到達はしません。実際に風が到達できる距離は、長くても7m程度です。これ以上は効果が薄れてしまうことも、エアコン取り付け位置に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

直進性が強いことを念頭に置くと、エアコン取り付け位置から正面に壁があると、どうしても温度にむらが出ることになるでしょう。スイングをさせると、それだけ直進性という面での効率も落ちてくることになるため、できるだけ奥行きのある方向に向かって風が流れるようにすることがポイントになってきます

取り付けてみたら入らないことも

取り付けエアコン取り付け位置の問題としては、交換するときに元の位置につかないことも出てくるでしょう。大型化してしまっていることで、納まりが異なるからです。カーテンレールなどの場合には、調整することで納まることも考えられるでしょう。そんな時には、できるだけ近い位置に取り付けることもできます。配管の穴もそのまま利用して、化粧カバーで隠すといったこともできるようになっています。効率的なことを考えても一番適した位置を探すことが重要となってきますので、取り付け業者に相談しながら決めてみるのが重要といえるでしょう。