賃貸アパートにエアコン取り付けをする際の注意点

エアコン暑い夏。扇風機だけでは眠れず、アパートの部屋に新たにエアコンをつけようと思う人もいるでしょう。しかし、賃貸物件の場合、部屋の持ち主は自分ではなく大家さんです。壁に穴を開けるエアコン工事をしてもよいのか、退去するときエアコンを取り外して壁に空いた穴はどうなるのか心配になる人もいることでしょう。また、もしエアコンを取り付けることができなかったらどうやって暑さに対処したらよいのでしょうか。事前に知識を得ておき、無用なトラブルや出費を事前に避けて快適に過ごしたいですね。このサイトでは、賃貸アパートやマンションでエアコンを新たに取り付ける場合の疑問を解消し、注意点についても説明します。

まずは大家さんに相談

アパートにエアコンをつけたいと思ったら、まず必ずすべきことは大家さんや管理会社への相談です。エアコンを設置するためには、壁に直径5~10cmの穴を開けて配管を通さなければなりませんが、賃貸物件では、室内から室外に貫通する穴を壁に開けることは原則禁止されています。大家さんに連絡をし、どの部屋のどの位置にエアコンをつけたいか伝えましょう。

取り付け費用は誰が負担するか

居住者が望んでエアコンを新たに設置する場合、通常は取り付け費用は居住者の負担です。ですが、契約内容によっては大家さんが負担してくれるケースもありますので、大家さんや管理会社に確認してみてはいかがでしょうか。

退去時に修繕が必要か聞いておく

エアコンを取り外した後の壁には、配管を通す穴やビス穴が開いています。この穴は居住者の原状回復義務に相当するのでしょうか。国土交通省が出している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参照すると、エアコン設置跡について「一般的な生活をする上で必需品となってきており、その設置によって生じたビス穴等は通常の消耗と考えられる」となっています。つまり、居住者はその原状回復義務を負わなくてよいということです。ただし、契約書上で特別な取り決めをしていればまた別ですので、取り付け前にしっかり大家さんや管理会社に確認をしておくことをおすすめします。また、そもそもエアコン設置時に大家さんに連絡して了承を得られていなければ、穴の修繕費用を要求される可能性もありますので、くれぐれも事前の相談を忘れないようにしてください。

退去時にエアコンを置いて行ってよいか

エアコンは、取り外しにも費用がかかりますし、次に住む家にすでにエアコンがついている場合など、退去時にできればそのまま置いていきたいと思う人もいるでしょう。その場合も、大家さんにその旨相談してみましょう。その物件にとってエアコン付きが売りになる場合など了承してもらえることもありますが、原状回復義務として断られる可能性もあります。次の入居者に、もともとついている設備と捉えられ、うまく作動しなかった場合など修繕を要求される可能性もあるからです。

エアコン取り付け許可が出なかった場合

大家さんに相談して、もしエアコン取り付けを許可してもらえなかった場合、どうしたらよいのでしょう。その場合、なんとか別な方法で暑さをしのぐしかありません。壁に設置するタイプのエアコンがだめなのであれば、まず窓に設置するウィンドエアコンを検討しましょう。ウィンドエアコンであれば、壁に穴を開けるなどの工事が必要ありません。ただ、ウィンドエアコンは6畳くらいまでの広さに対応しているものが多いので、もっと広い部屋だと十分に冷えない可能性があります。その場合は、スポットクーラーや涼風扇を併用するのも効果的です。また、涼感シーツや枕などのグッズを利用するなど工夫してみてはいかがでしょうか。